ダイエット!

0
    ダイエット初めて3カ月がたちました。(勉強会では事あるごとに言ってますw)1か月目に-5kgを達成。2ヶ月後に-2kg、3か月目に-1kg。最初の1か月目の勢いはどこへったのか!という今日この頃です。実は今回の目標にはまだ10kgほど足りません。まぁ欠点を手放すのと一緒で自分にやれることを続け、神様のタイミングを受け入れていこうと思っています。

    さて、このダイエット!3カ月の内容ですが、食事をメインに変更してきました。朝と昼だけにしています。そして炭水化物は少なめ、量も少なめにしています。しばらく続けていると1食分の分量が少なくても満足感が得られるようになりました。おかげで食べ過ぎることは無くなりました。いかに、大量に食べることに慣れていたかよくわかりました。なぜ大量に食べたかったのか?性格上の欠点の一つ「恐れ」から貪欲になってたのかもしれません。たくさんの食事をして満足をする。好きなものを次々食べて満足を得る。それが「幸せ」と考えていました。でもそれは、妄想です。健康を害して、見た目も醜くなるのなら、食事中は「幸せ」だけど、その結果では「不幸せ」が待っている。バランス悪いです。なんか、ギャンブルしているときは「幸せ」、でも結果は「不幸せ」とまるで同じっす!orz・・・安全本能の物質的安全が暴走していたと思います。食生活も、自分の欲求・欲望に任せるままになっていて、好きなものを食らうことばかりになっていたんだと。そしてそれは神の意志に反しているんだなぁと思えました。

    きっかけは、町のウィンドウに映った自分のおなかを見て「この体型は頂けない。もういやだ!」と考えたからだったのが、原因を分析して(今回の性格上の欠点は恐れ・そして必要以上な食事は、「健康」と「自尊心」を損なう真実を認識して、それは幸せではないことをみた。)「よし!やるぞー」と意欲を育て、現状に見切りを付けました。後は、ダイエット本を見て「この方法でやればできるかも!」と信じて、「よし「今」からやる!」と勇気をいただきて決心して、後は、ダイエット方法を実践。「食べたい!」と思ったら反対のことを実行!思ったより早く「結果」は出てきました。そして、徐々に減る体重が私に自信や自尊心を与えてくれました。「やればちゃんとできる!そんな自分が好きかも!」気付いたら、周りからもおなか周りが変わったといわれ、自尊心はさらに上がり、嫁も一緒にダイエットを始め、お互いにいいライバルとなりやせ始めています。共通の趣味もない私たち夫婦にとって一緒にやれるダイエットはちょっとしたイベント事で、すこし幸せな感じを与えてくれました。こうやって幸せは寄せるのかもしれないとメッセージを受けました。

    「自分が変われば世界が変わる!」これは私が12STEPを始めてから一番大切にしている真理です。ガンジーさんのいったことは正しかった!
    ※ちなみに、私はこれを仮面ライダーカブトの主人公のセリフとしてずっと仲間に言われるまで信じてました(笑)恥ずかしい記憶がよみがえります(泣)

    さぁもう少し目標に向けて頑張ります!

    性の反対が知恵?

    0
      何だこりゃ!の筆頭でした。最初さっぱりわからなかったです。性の問題を手放せば知恵が手に入るって何だかイメージわかないです。混乱します。じゃあそもそも「智恵」とはなんでしょう?

      ち‐え【知恵/智慧】
      1 物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。「―を借りる」「生活の―」
      2 (智慧)仏語。相対世界に向かう働きの智と、悟りを導く精神作用の慧。物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力。

      さらに知性とは?

      ち‐せい【知性】
      1 物事を知り、考え、判断する能力。人間の、知的作用を営む能力。「―にあふれる話」「―豊かな人物」
      2 比較・抽象・概念化・判断・推理などの機能によって、感覚的所与を認識にまでつくりあげる精神的能力。

      イメージ湧いてきます?性の問題は何故起こるのかSTEP4.5で学んでいきますが、性欲異常者だった訳ではなく、自尊心や安全本能の精神的安全を満たしたくて暴走したときに問題が発生していました。つまり、神の与えし本能としての性ではなく、感情の問題、自己中心的欲求の充足を目的として他者を傷付けた訳です。神は性の本能だけでなく、人にそれを行う「知性」も与えられました。草木が太陽に向って葉を広げる。土に根をはる。これも「知性」です。もし草木にそういう「知性」がなかったら、太陽に向って根をはり、土に向って葉を広げる。んー絶滅の道まっしぐらです。人の性に関する行動も同じ能力なのです。神より与えられた能力です。ゆえに性については決して忌むべき事柄ではないと考えられるでしょう。人はふさわしい時に、ふさわしい人と性行動をするよう判断する知性が与えられているのです。しかし。。。。問題は私たち人間がSEXをする際に感情をトリガーにして行為をおこなうことが可能だからです。動物たちは感情が高ぶったからといってSEXはしません。求愛行動は、愛しているという感情とは結びついているのでしょうか?相手を傷つけてやろうという感情から性を利用したりもしません。でも人間は感情的に性を利用することが可能なのです。まてまて!性を利己的に、身勝手に自己中心的な欲求を満たすために使うことはどうなのでしょう?ハイヤーパワーに聞いてみましょう。

      衝動的な行動については他者を助けることで避け、後に論理的に考えて、状況を判断し、感情の処理を学ぶ。「知恵」について辞書に書いてあるとおりだと思うのです。だから性の問題を手放すことは、ものの道理に従って考え、処理する能力がつき、物事をありのままに見て真実を見極める能力に近づくそんな感じかもしれません。実は性の問題だけではなく、我々の持っている感情の問題全般に知恵で対応をすることが必要だと感じます。どうでしょうか?皆さんどう思います?

      利己的に自分の欲求だけを満たしたくて視野が狭くなっている状態とは反対に広い視野で自分の状態、真実を見極める能力。まさに対極にあるなぁと感じています。

      ※この考えは私個人の考えが相当偏っている可能性大です!あしからず。

      ブログ開設!プログラム・フォー・ユーについて

      0
        はじめまして。
        PFY勉強会の管理者です。

        PFYとは「プログラム・フォー・ユー」という本の略称です。
        (仲間たちがいつの間にかそう呼んでくれてたので、そのままいただきました。感謝!)

        今日は、その「プログラムフォーユー」の紹介を少しします。

        AAの語源である「アルコホーリクス・アノニマス」という本は通称:ビックブックと
        呼ばれ、依存症からの回復に必要な12ステッププログラムの教科書として
        出版から73年たった今も多くの人々に使われています。
        しかし、これがちょっと読んだだけではわかりにくい(>_<)

        このビックブックを研究していたアメリカのAAメンバー ジョー・マキューと
        チャーリー・Pは1973年にアラノンの コンベンションにスピーカーとして招かれて
        出会い、意気投合し、以後お互いの研究を持ち寄り、コンベンションがあるたびに
        非公式にスピーカーズミーティングを開催していました。
        彼らは、ビックブックが本来伝えようとしてる12ステップのやり方を理解し
        それを伝えるために勉強会を開催していたのです。
        その後「ジョー・アンド・チャーリーのビッグブック・スタディ」という
        スピーカーミーティングはその内容の素晴らしさから爆発的な人気を博し、
        以降二十数年間に渡ってこれを世界中で開催されました。

        本書はこの「ジョー・アンド・チャーリーのビッグブック・スタディ」を
        活字にしたものにです。
        ビックブックや12&12だけではわかりにくかった部分をシンプルに
        だれにでもわかる解説がされています。ステップであいまいに理解していた部分
        モヤモヤしていた部分がすっきり晴れます!
        是非、一度お読みいただいて自身のステップワークやスポンサーシップに活用ください。

        当勉強会ではプログラムフォーユーを読みながら、ビックブックを読み、
        要点をドリルダウンする形で解説し、参加者の経験を分かち合うスタイルになっています。

        現在、約30名の方々と共に勉強会を実施しています。
        一見さん大歓迎です!どうぞ、皆様のお越しをお待ちしております。